臭い玉の除去研究所

臭い玉の除去研究所

臭い玉を取り出す方法

臭い玉、別名で膿栓と呼ばれる白い物体を知っていますか?

 

私は以前、口の中からポロっと白い固まりが出てきたことがあります。
これ何だろう。食べ物のカスでも無さそうだしなー。

 

ちょっと興味がわいて何と無く臭いを嗅いでみると・・・
めちゃくちゃ臭かったです。口が臭いおじいちゃんが100人くらい集まった臭いでした。
これはやばい。こんなものが口の中にあったら口臭が酷いんじゃないか、と気づきました。

 

友人にも口臭を指摘される

 

そう言えば、何度も友人には口臭を指摘されていました。

 

お前、口が臭うから歯磨きしたほうがいいよ。

 

こういう指摘は結構されていて、ガム食べる?と勧められることも多かったのです。

 

もしかして、口臭の原因はこの臭い玉なのでは?と思うようになりました。

 

臭い玉を取るには?

 

それではどうやって臭い玉を取ればよいでしょうか。

 

色々試してみたのですが、最も良いと思ったものはジェットウォッシャーを使う方法です。

 

ジェットウォッシャーというのはノズルの先端から勢いよく水が出る口腔洗浄器です。
パナソニックのドルツというものが有名です。だいたい15000円〜20000円くらいします。

 

正直、臭い玉を取れれば良いので、そこまで高いジェットウォッシャーは不要です。

 

私はTOPREDというメーカーのジェットウォッシャーを使っています。

 

水圧を調整する

 

基本的に口腔洗浄器のジェットウォッシャーをそのまま扁桃に使うことは出来ません。
水流が強すぎて確実に血が出ます。

 

そこでこの水圧を調整してやる必要があります。
どのように水圧を調整すれば良いのというと、水が出るノズルの穴を広げるという方法があります。

 

ノズルはプラスチック製だと思うのですが結構硬いので電動のドリルか何かで穴を広げる必要があります。
私は電動ドリルで穴を広げましたが、電動では無くて普通のドリルでも問題ないと思います。

 

ノズルの穴を絶妙に広げてくれる大きさでないといけないので、色々とドリルの種類を変えて穴を広げられるドリルを探して下さい。
私の場合は1.2mmでした。

 

臭い玉を取り出す

 

ジェットウォッシャーの水圧を調整出来たらそれを扁桃に当てます。

 

基本的には鏡を見ながらペンライト等、何か口の中を明るく照らせるもので口の中を照らします。
その光を頼りに扁桃にジェットウォッシャーを当てるようにします。

 

慣れてくれば、ペンライトを当てなくても、だいたい扁桃のこのあたりに水が当たっているな等が分かるようになってきます。
始めのうちはペンライトも使ったほうが良いでしょう。

 

扁桃にジェットウォッシャーを当てていると、口の中に水が溜まってきますので、ある程度水が溜まったら洗面器に吐き出します。
これを繰り返すだけです。意外な程、臭い玉が取れます。

 

臭い玉自体が口臭の原因かは分かりませんが、これだけでも口臭はある程度軽減しているので満足しています。

 

 

より口臭を改善させるために

 

臭い玉を取ることで口臭をある程度改善させることが出来ましたが、やはりまだ臭いは残っているようです。

 

せっかくなので、口臭を完全になくしたいと思っていたところ、こんなサイトを発見しました。

 

端的に言うと、口臭治療のマニュアルですね。
私は前にFXのマニュアルを買っていて、完全にガセネタだったこともあり、あまりこういうマニュアルは信用はしてないです。

 

試しに口臭に関して質問してみると丁寧に対応してくれたこともあり、またサイトが非常にタメになる話が多かったので、ダメ元で買ってみることに。

 

 

 

 

トップへ戻る